ArKaos MediaMaster Pro4

ヨーロッパを代表とする劇場の映像投影やワールドクラスのライブコンサート、さらにデジタルサイネージやプロジェクションマッピングの現場で圧倒的なシェアを誇る、メディアサーバーソフトウェア「ArKaos MediaMaster Pro4」
フルハイビジョン映像を最大12レイヤーまで対応、(最大8K映像まで可能) さらに、LEDパネルへのマッピングを可能にした「LED Mapper機能」やイーサネットポートから映像出力を可能にした「Kling-Net」を搭載しています。
プロジェクションマッピングをより高度なレベルで投射が可能な「ジオメトリックコレクション機能」と「VideoMapper」を搭載、世界対応のメディアサーバーソフトウェアです。

製品の技術的仕様に関するお問合せはメールでのみ承ります。
ご質問内容によってはお時間を頂戴する場合がございます。
arkaos@gonginternational.jp

お問合せ頂く場合は、
弊社にてArKaos製品をご購入頂いた、もしくはご購入予定のお客様に限らせて頂きます。
他店よりご購入された製品に関してのお問合せには応じかねますので、ご購入先販売店に直接ご連絡願います。

メイン画面・Ver3ではより一段と使いやすくなりました。

メディアライブラリー・約65,000以上の映像データをストックが可能。DMX信号で呼び出しが可能。

VideoMapper機能・プロジェクションマッピングを最高精度レイアウトが可能。

VideoMapper画面

ProとExpressの機能差一覧

ジオメトリック画面・球面や凹凸また、カーブを描いたスクリーンなどに、正確に映像を投射

LEDマッパー・自由自在のレイアウトされた、LEDパネルヤLEDバーに映像投射が可能。

特徴

  • Preferncesのビデオチュートリアル
  • 8Kスーパーハイビジョン対応
    最新のGPUエンジンとマルチコア対応により、8Kスーパーハイビジョンクオリティを最大12レイヤーの合成投射が可能。異なる映像コーデックや解像度など合成が可能。
  • さらに洗練された、ユーザーインターフェイ
    照明デザイナーや映像クリエイターなど、扱いやすく一層洗練されたユーザーインターフェィスデザイン。
  • プロジェクションマッピング機能「VideoMapper」搭載
    従来のプロジェクションマッピングの精度をより高度に、短時間でプロジェクションマッピングが可能です。
  • 効率的なメディアフォルダ
    200個以上のフォルダに最大6万のファイルデータを保存、削除、置換ができます。
    シンプルモード仕様でも、最大4000ファイルをスタンバイさせておくことができます。
  • トータルクリエイティビティ
    ポジション、サイズ、ローテイト、トランスペアレンシー、カラーの調整が瞬時に可能。また、ほとんどの主要メディアフォーマット、複数のビデオ入力をサポートし、制御可能なパラメータを持つ60以上のエフェクトを用意しています。Mac版ではQuartzComposerエフェクトを施すこともできます。
  • 「ArKaos LED Mapper」との互換性
    LEDパネルとの連動をフレキシブルにするソフトウェア「ArKaos LED Mapper」と互換性があります。これにより、DMX対応LEDパネルへのピクセルマッピング/出力設定が飛躍的な短時間で可能となります。
  • MSEX機能
    MSEX機能対応のDMXコンソールの場合、イーサネットケーブル接続するだけでサムネイル表示/選択が可能になります。
  • ジオメトリック・コレクション機能
    最新Verでは、キーストーン補正機能が進化し、より複雑な形状に映像出力を可能とするジオメトリック・コレクション機能が搭載されました。
  • ProとExpressの機能差については以下サイトに詳細を記載しております。↓
    ArKaos MediaMaster ProとExpressの機能差。
  • Kling-Net対応 AlkaLite社「PIX STRIP」シリーズが簡単にマッピング可能